「スマホアプリ利用に関するアンケート」結果のご報告

令和元年11月5日〜8日にかけて実施した「スマホアプリ利用に関するアンケート」では多くの方にご協力いただきありがとうございました。

集計結果がまとまりましたので、発表させていただきます!

調査目的

毎日使うであろうスマホアプリの利用について調査。年齢層や男女ごとに使うアプリの目的やアプリに求めるものを調査し、より良いアプリ開発に役立てるために実施しました。

調査方法

当サイトでアンケートフォームに入力してもらう。

調査対象

男女131人

調査結果

Q1,1ヶ月で新規アプリをインストールする数はいくつですか?

0~3個77.1%
4~6個16.8%
7~10個6.1%

Q2,インストールしたアプリのうち、日常的に使うアプリはいくつですか?

1~5個71.8%
6~10個19.1%
10~15個7.6%
0個1.6%

Q3,インストールしたアプリの中で一番多いジャンルはなんですか?

SNS(LINE,Facebook,twitter,instagramなど)66.4%
ゲーム35.9%
生活便利ツール(天気予報,ニュース,カレンダー,ショッピングなど)26.7%
動画配信16%
学習3.1%
なし1.5%
通帳アプリ0.8%

Q4,1日で使用頻度が一番高いSNSアプリはなんですか?

twitter59.5%
LINE47.3%
instagram25.2%
Facebook5.3%
SNSアプリは使っていない1.5%
youtube0.8%

Q5,1日どれくらいスマホゲームをしますか?

1時間未満37.4%
1~2時間21.4%
2~4時間17.6%
4~6時間3.8%
6時間以上1.5%
ゲームをしない18.3%

Q6,アプリ利用に1ヶ月いくら課金してますか?

0円66.4%
1,000円未満24.4%
1,000~2,000円3.8%
2,000~3,000円1.5%
3,000~4,000円0.8%
4,000~5,000円0
5,000~10,000円3.1%

Q7,アプリ情報はどこで見つけますか?

Twitter,Twitter広告41.2%
instagram6.5%
ネット検索,ネット広告20.9%
アプリ紹介メディア(4gamer,ポイ活など)14.4%
app store,google play store6.5%
広告,SNS広告26.2%
口コミ,友人からの勧め6.5%
雑誌7.8%
youtube2.2%
アプリ内広告5.24%
テレビ番組2.2%
懸賞サイト1.3%
事前登録サイト1.3%
アプリを使わない、とくになし3.93%

Q8,アプリを使用するうえで一番気にすることはなんですか?

デザインがおしゃれ、かっこいい、かわいいなど自分の好みに合っている21.4%
使いやすさ71.8%
機能が充実しているか42.7%
アプリは使わない0.8%
なし0.8%

Q9,こんなアプリがほしい!というのがあれば教えてください。(抜粋)

その商品がどこで売っているのかわかるアプリ
ロッカーの空きがリアルタイムでわかるアプリ
離乳食献立
食事を記録するアプリ
ホラーゲームをもっと増やしてほしい

 

アンケート結果を振り返って

今回のアンケートでは10~40代の男女の方々を中心にご回答いただきました。

毎月新規アプリは0~3個インストールされてる方が多いようですね。ただ日常的に使うアプリ数は1~5個以内という回答が圧倒的に多いので、インストールはしても全く使ってないアプリも多々ある、という状況のようです。

使用するアプリのジャンルとしては、やはりSNSが一番多い結果となりました。続いてがゲーム。はやりみなさん、少なからず毎日少しはゲームをしている方が多いようですね。

個人的には動画配信サイトが16%と想像よりも多かったので、はやり近年のVtuberブームが影響しているのでしょう。

1日の使用頻度が高いSNSアプリではLINEを抑えてTwitterが一位でした!今回Twitterを利用してアンケートキャンペーンを行なっていたのでその影響もあると思いますが、LINEと違い面識がない人たちとも気軽に繋がれることや、世界中のニュースや災害情報をいち早く手に入れることのできるTwitterはやはりSNSのなかで強いのではないでしょうか。

この結果と連動するように、アプリの情報源として活用されているのがTwitterやTwitter広告を見てというご意見が最多でした。Twitter広告もさまざまな形式(テキストのみや動画つき広告など)がありますが、ご存知の通りTwitterはタイムラインに流れている情報が多岐に渡る且つ情報量も多いので、広告は大抵流されてしまいます。いかにユーザーに目に止めてもらうかが重要なので、ダウンロードしてほしいアプリの特性を活かした広告作りが大切だなということがわかりました。

アプリを使用する上で大切なことは、やはり使いやすさ・機能性でした。

アプリ開発において、ユーザーが使いやすい、途中でどうすればいいのかわからなくなるというのを防ぐためのUI作りが非常に重要ですね。デザインについても、わかりやすさを重視して画面に要素を入れすぎないなど、できるだけシンプルになるよう心がけることが大切です。

最後のこんなアプリがほしいという項目では、いろいろなアイディアをいただきました!

載せきれないので抜粋したものを載せています。ヘルスチェックアプリやコインロッカーの空き状況がわかるアプリなど、毎日使うわけではないけれどあったら便利だなと思うアイディアがたくさんありました。

今回集計したアンケート結果は、アプリ開発をしているエンジニアの方やデザイナーの方たちに開発の参考にしていただければと思います。

トレジャーアプリでは今後もキャンペーンなどを通して、多くの方にトレジャーアプリを知っていただき、アプリ開発者の方々と利用者の方々の出会いをつなげていきたいと思いますので、今後もよろしくお願いします!